生命保険・健康保険について

★生命保険について
☆私は生命保険は二種類入っています。
一つ目は『第一生命保険相互会社』の堂々人生。
 ★入院給付金は1泊2日からの入院で日額5,000円。通院給付金は手術の前60日と術後120日の
  通院に対し、一日3,000円支払われます。
  そのほかに入院時保険料相当額給付特約というものがあって、これが月額8000円。
  ☆入院給付金5000円×10日分、通院3000円×3回分、保険料相当額8000円(入院月分)が内訳となります。 
  10/22に書類を提出、10/27に 指定の口座へ67000円振り込まれていました。
  ☆特に領収書の添付は必要ありませんでした。保険会社書式の入院証明と、通院は該当月日を記入するだけでオーケーでした〜。
  

もう一つは『アメリカンファミリー生命(アフラック)』のガン保険に特約マックス付帯の分です。
 ★アフラックは特約MAXより入院給付金が支払われます。この特約を付けて初めてガン以外の入院に対する
  入院給付金が出るのです。MAXのみ単体加入は出来ないらしいです。
 ★一番気になるのは 手術給付金ですが、残念ながら扁桃摘出手術は対象外です。 大体どこの保険会社も同様のようです。
 ★私のは1泊2日からの入院で、一日8,000円支払われます。
  ※アフラックへの提出書類にも入院証明書が添付必要ですが、ココは他保険会社書式のコピーでも可なんです。
   そこをよく読んでいなかった私は、第一生命とアフラックの各書式の証明書記入を主治医に依頼したため
   2通で何と!!!!8000円も手数料を払う羽目になりました。皆様、ご注意くださいね(; ̄ー ̄A アセアセ

  

   私は以前、別の外資系生保会社のCMで『入院は一日1万以上掛かる』というものを見て
  念のため・・・と思い、特約MAXを昨年(15年)秋に付けたのでした

〜〜まさか本当に入院することになるとは・・・(; ̄ー ̄A アセアセ でも入ってて良かった〜〜
  こちらは10月中旬に書類を郵送、10/26に指定の口座へ80,000円振り込まれていました。

生命保険からは合計147,000円の給付があり、入院費用やその他付随費用を足した以上の額でした。


☆健康保険について
私の加入している健康保険組合はは、関連企業併せた十数社で構成したものです。
なので、社会保険庁で直に入っている方や、他の独自の組合に加入されている方とは
もしかしたら違いがあるかもしれません。

★今回、私の場合 高額医療費の返還(66,381円返還アリ)があります。
 ・受診1件につき、1ヶ月の自己負担額が72,300円(上位所得者は139,800円)を超えたとき、その額にその医療費の額を上回った
  医療費の1%を加算した額を超えた全額が返還されます。 私の加入している健康保険組合では さらに『一部負担還元金』という制度があり
  高額医療費は次の一部負担還元金とあわせて支給されます。
  高額医療費 一般所得額の場合・・・72300円+(医療費−241000円)×1%を超える分を還付。

★一部負担還元金(
3万円を超える分を還付する)
 ・受診1件につき、1ヶ月間に支払った自己負担額から30,000円を控除した額を、3〜4ヵ月後に給与に計上して払い戻します。
  早い話が、私が窓口で支払った96,381円(食事代別途)のうち、30,000円を控除した
66,381円が返還されてきたのです。・・・



私の場合、手術・入院費その他諸費用合わせた額を入院日数で割ると 1日1万円位の計算となりました。
入院って本当にお金掛かりますね。
自分は健康だから関係ないや、と思わず万一のために生命保険に
入ることをオススメします。
ちなみに私は、2社で11,000円ほど保険料を支払っております。